肌乾燥

肌が乾燥するのってなぜ?

セラミドって重要なんだな

肌本来の保湿成分、保湿物質で有力なのが「角質細胞間脂質」と呼ばれるモノであり、コレは角質細胞の間にあって水分の蒸発を防いでいる脂質の一種である。その成分は様々な脂質が混ざり合って構成されているが、その約4割を占めるのが「セラミド」という最強の保湿物質といわれているらしい。これらの脂質(保湿物質)の量が減少して正常に働かなくなると、肌内の水分を抱えていられなくなり乾燥してしまうという。肌の中にある簿質物質の生産量は加齢と共に減少するため、年々肌は乾燥しやすくなるという仕組みだ。そして角層の水分量が減り、乾燥状態が続くと肌は硬くゴワついてくるが、コレは角層が厚くなっていくために起こる現象らしい。角層には本来、外の刺激から肌を守る働きがあるが、乾燥により角層のバリア機能が損なわれていると、肌は「角層をつくろう」と細胞の生産を速めるのだという。すると、その生産ピッチに追いつけない、未熟な細胞が表面に出てきてしまうのだが、これではきちんとしたバリア機能を果たせないので、角層は更にどんどん厚くなろうとし始めてしまう。こうなるともう悪循環で、デコボコした変に厚みのある角層が出来上がってしまう。この悪循環にはまらない為には正しい保湿ケアが必要となるというわけだ。とにかく洗顔で汚れを落として、何でも良いので保湿化粧品を塗っておけば良い、というのでは、肌本来の美しくなろうとする力を存分に発揮できないまま、加齢と共に乾燥が増してきて「もう若くないから・・・」と諦めてしまう。正しいスキンケアは何歳からでも遅くない!(と自分に言い聞かせている)。気づいた時が始め時。美しくありたい!と願う気持ちこそが、若返りの秘訣ではなかろうか。肌はいくつになっても常にキレイになろうと頑張っているのに、自分が怠けてしまっては肌(肉体)が可哀相だ。出来るコトから、少しずつでも是非始めたい。
今日はちょっと酵素のことまでは書けませんでしたが、時間をみつけたまた関連記事を書いていきたいと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ